原点

m055.jpg

この所、爆風だし寒いしで沖にも出られないのですべてのタックルのメンテナンス日ということで。
使っていなかった道具もオイル等注油をと倉庫からルアーゲームの原点のタックル「ファントムシリーズ」も開封。問題無く今でも使用OK。。しかし、少し持ち重り感とガイドのデカさはさすがに時代を感じます。。。でもデザインは今も色あせてなく、ある意味いい感じの味があってオールディーファンにはたまらない一品かも。

まだブラックバスが岡山には金甲山周辺か天王池くらいしか居ないといわれてた時代(今ではブラックが居ない池を探す方が難しいかも…)ナウなヤング世代(死語)はこのファントムシリーズにストレーンのイエローを巻いてカッコえなーとか言ってた。片やアダルトな方はスーパーストライカーにABUという記憶がある。

当時はキャスティンググリップ(シングルハンドル)主体でレングスもショートロッドが主体だった。5フィートから6フィート(フリッピンロッドは除く)でラインもポンド数の割りに太かった。カタログの裏表紙に載ってたラリーニクソンも若かった…。
何か年寄り染みたことを言ってるが本当に時代が加速してる様につくづく思う。すべての機械が精密になりコンピューター化が進みオートマチックになり…魚釣りですらハイテク機器を駆使する時代…ついていけるのかオレ。。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

月別アーカイブ